PROJECT

商品開発プロジェクト事例

釉薬の表情で魅せる素朴な磁器

素磁

SOJI

釉薬の表情で魅せる素朴な磁器

KIHARAが初めて形状からすべてオリジナルで開発したコレクション「素磁(SOJI)」は、磁器でありながら、趣のある釉薬使いで素朴な暖かみを感じさせる。最近では日本国内よりも海外からの引き合いが多い定番商品。

素磁 ティーポット
素磁 湯呑
素磁 ピッチャー
素磁 マグカップ

要望・課題

  • 釉薬の技法で表情をみせるような商品開発をしたい
  • 日本茶、紅茶にこだわらず、汎用性のあるティーセットを作りたい

解決策

  • 素材感のある白いマット釉は鉄粉のコントロールが難しいため、安定的に量産できるラインと風合いの兼ね合いを調整した
  • 釉薬の優しい風合いを生かす形状と、製造工程上、釉薬がたれにくく扱いやすい形状に配慮した
  • ひとつひとつのアイテムを多目的に使ってもらえる汎用性を重視し、形の類似性でシリーズ感を表現した

PROJECT DATA

商品名

素磁 SOJI

形状

ティーポット、マグカップ、湯呑、ピッチャー

開発内容

形状、釉薬

クライアント

KIHARAオリジナル

デザイナー

インハウスデザイナー

開発期間

約1年

発表時期

2012年

STORY

開発ストーリー/SOJI

磁器なのに暖かな風合い
釉薬の技法にインスピレーションを受けた商品開発

磁器でありながら、土もののような柔らかな風合いを残した「素磁(SOJI)」は、KIHARAが初めて形状からすべてオリジナルで開発したコレクションだ。釉薬の技法にインスピレーションを受けたというものづくりのはじまりを紹介する。

(取材・文:ハマノユリコ) 

soji-640x470

KIHARAの商品はシンプルでモダンなイメージのものが多いですが、素磁はどこか素朴で暖かみがありますね。何か開発のきっかけなどはあるのでしょうか

素磁は、KIHARAが初めて形状からすべてオリジナルで開発した商品なんです。
ちょうどKOMONの開発を進めていた頃、技法のインスピレーションを得るために、窯元をいくつか視察していたのですが、とある窯元の倉庫の奥に眠っていた古い割烹食器の釉薬の質感が気になって。 白いマットな釉薬だったんですが、最終的に商品化した素磁よりも、もっとざらざらした素材感が残るものでしたね。

素磁シリーズには、マットな白、ブラックに近い藍、クリームがかった色むらのある茶の釉薬がありますが、まずはどのように開発が進められたのか教えてください

日頃お付き合いしているのが釉薬の扱いが得意な窯元だったので、釉かけで表情をみせるような商品を開発してみようということになりました。最初は白だけの展開で、他の色釉薬ができたのはさらに一年後になります。
ひとくちに白いマット釉といっても、釉薬の配合はさまざまで、開発当初はもっと鉄粉の茶色が目立つ、素材感のある色をイメージしていました。でも安定的に量産をすることを考えると鉄粉のコントロールが難しく、現在のマットな白に落ち着きました。

_DSC4128

採用したマット釉は、しっとりとした風合いがありますね

マットな質感を出す釉薬は焼成時にムラになりやすく、扱いが難しい釉薬です。そのためまず全体的に釉薬をかけたあと、もう一度スプレーで釉掛けをして表面を整えています。スプレーで目の細かい釉薬を吹き付けることにより、しっとりした表情も生み出すことができるんです。釉薬の扱いに精通した窯元の技術のおかげで、思い描いた質感に仕上がっています。

kihara-1023-058

まずはは全体的に施釉する

kihara-1023-043

スプレーで再度釉薬を吹き付ける

商品化するアイテムはどのように決めていったのでしょうか

ティーセットなどのラインナップが少なかったので、ポットやピッチャー、カップなどの商品を強化しようと考えました。横に取手のある急須タイプだと日本茶の利用をイメージしてしまうので、汎用性のあるポットからまずデザインを始めました。
お茶をのむときには湯呑、紅茶やコーヒーにはマグカップ、湯冷ましやミルク入れ、ドレッシングなどにも使える大きめのピッチャーの4アイテムを取り揃えています。

若干、ティーセットとしてのまとまりは薄れているような気もしますが(笑)

多用途に使える、汎用性を重視しました。セットで利用するというよりも、形の類似性でシリーズ感を表現しています。確かに単品で購入される方も多いですね(笑)。国内より海外での需要が増えているのもこのシリーズの特徴です。

_DSC5978

形をつくる上で、苦労した点などはありますか

お茶の香りを楽しめるよう、少し口のすぼまった丸みのある形状を基本デザインにしました。丸みとやさしい釉薬使いで、ほっとする安心感を表現しつつも、ところどころ直線で引き締め、磁器らしいシャープさや緊張感をプラスしています。釉薬が流れやすく、乾かすとき棚板に落ちたまま固まってしまうので、釉薬がたれにくい形状にもこだわりました。

控えめながらも丁寧なクオリティで定番商品に育った「素磁」。プロジェクトを振り返ってみていかがですか

初めて形状からの開発だったので、型、生地作り、釉掛けなどトータルでディレクションをするのが難しかったですね。でもKIHARAにとってとても貴重な経験となり、その後の商品開発にも役立っています。これからも窯元の専門技術を生かしながら、今の時代に合う商品を企画していきたいと思います。

RECENT PROJECTS

169種類の藍色カップ

CREATION Project 2016

購入する「こと」でつながる復興支援

熊本地震復興支援のため、熊本県産の天草陶石で作った磁器カップに、169人のクリエイターがボランティアで図案を提供した169種類の藍色カップ。リクルートが主催するチャリテ...

[CLIENT]株式会社リクルートホールディングス

Dissimilar 〜対比〜

佐藤可士和 × KIHARA コラボモデル

佐藤可士和さんと取り組んだ Maison & Objet 出展作品

有田焼ブランドの再生と欧州市場の開拓を目指す佐賀県の有田焼創業400年事業の一環として進められた「ARITA 400project」。KIHARAはクリエイティブディレ...

[CLIENT]ARITA 400project

Singapore Icons

シンガポールアイコン

シンガポールデザインと日本の職人技が融合

シンガポールの有名ギャラリーショップ「Supermama(スーパーママ)」の依頼によるOEM生産。シンガポールの若手デザイナーを起用したデザインと、日本の伝統産業である...

[CLIENT]Supermama(スーパーママ)/シンガポール