PRODUCTS

商品コレクション

TOKYO ICON

トーキョーアイコン

行きたい場所が多すぎる。食べたいものが多すぎる。やりたいことが多すぎる。そんな東京の魅力をアイコンで表現しました。TOKYO ICON は400年の歴史を誇る有田と東京の地域コラボレーションです。

技法・成形法:

ARITA ICON

アリタアイコン

有田焼創業400年を記念し、制作したARITA ICON。有田焼の創業年にあたる1616年にちなみ「名所と風景16ヶ所」+有田焼の生産に必要な「道具16個」のアイコンを一つの器にまとめました。

技法・成形法:

KOMON

コモン

古来より伝わる日本の伝統紋様をモダンにアレンジしたKOMONシリーズ。波千鳥や結び桜、松竹梅など縁起の良いモチーフは、結婚祝いや引き出物にもおすすめです。

技法・成形法:

SITAKU

したく

擦る、絞る、おろす、保つ、置くという食事の支度を少しだけ台所から食卓に移してみました。台所でSITAKUを使い支度をして、そのまま運んで器として使ったりと、キッチンツールにもなる器です。

技法・成形法:

香酒盃

こうしゅはい

焼酎の「香り」をテーマに有田焼窯元グループが地元焼酎メーカーの協力を得て開発した香酒盃。これまでの焼酎の器とは異なり焼酎の「香り」や「味わい」をより一層感じさせてくれます。

技法・成形法:

有田HOUEN

ありたほうえん

「水は方円の器に随う」という諺があるように器の普遍的な形を求めて400年の伝統と斬新なデザインとの出会いから生まれた有田HOUEN。窯元4社と8人のデザイナーとのコラボレーションにより誕生しました。

技法・成形法:

有田HOUEN −有田四様−

ありたほうえん −ありたよんよう−

有田焼は、「初期伊万里様式」「柿右衛門様式」「鍋島様式」「古伊万里様式」の四つの代表的な様式に分類されています。これらの四つの様式を現代の生活に調和させ、新しい有田の四様式を生み出しました。

技法・成形法:

素磁

そじ

石を原料とする磁器の、素材の風合いをそのまま表現した「素磁」。雪のような白い地肌と趣のある釉薬の成分によって、しっとりとした質感と自然の温かみを楽しめる器です。

技法・成形法:

Mamezara

マメザラ

古来より縁起の良いとされる動物柄を豆皿に施しました。おしどりは「円満」、こうもりは「幸福」、龍は「出世」、金魚は「金運」、鹿は「長寿」という願いが込められています。

技法・成形法:

CLEAR

クリアー

ほんのり淡い色をした薄手のカップです。表面は「サンドブラスト」というガラス製品の加飾で使われる技法を用いて手触りの良い質感になっています。手の中に収まるサイズで、さまざな場面で使えます。

技法・成形法:

ポッタリー

ぽったりー

有田の技術を用いて土物(陶器)の器を制作しました。磁器同様、高い温度で焼成することで凛としてシャープなフォルムと軽さが生まれました。柔和な釉薬が食卓を優しく包み込みます。

技法・成形法:

ほっこり

ほっこり

思わず手にとってコロコロしたくなる、ふっくらと丸みを帯びた形状。暑いときは氷を入れてロックグラスに、寒いときは温かいお茶を入れて湯呑として、一年中使えるカップです。

技法・成形法:

HANA

ハナ

自然界をモチーフにした模様の中で古来より数多くの器のデザインに採用されている花模様。この花模様を呉須と赤色を組み合わせてモダンにアレンジしました。飯碗、カップ、取皿、楕円皿が揃います。

技法・成形法:

GEN酒器

げんしゅき

弓矢の弦のようなフォルムの片口と盃のシリーズ「GEN酒器」。緊張感のあるシャープなフォルムは、モダンな空間での酒の宴におすすめ。盃は片口の上にスタッキングして美しく収納できます。

技法・成形法:

呉須染

ごすぞめ

呉須で絵付けした「染付」は有田焼の中でも最も古い技法のひとつです。精製していない粗々しい陶土と染付を用いることで、磁器でありながら民陶のような素材感と温かみのある器になっています。

技法・成形法:

古染付

こそめつけ

初期伊万里の特徴を再現した「古白磁」の地に、呉須で絵付けをしたシリーズ「古染付」。素朴で趣のある生地に、味のある筆質の染付と釉薬との調和が温かみを感じさせます。

技法・成形法:

古白磁

こはくじ

1616年~1650年代の有田焼のことを「初期伊万里」といいます。生地・絵付ともに自由で勢いがあり、温かで味わい深い初期伊万里。「古白磁」はそんな素朴で趣のある特徴を再現した器です。

技法・成形法:

KMしょう油差

けーえむしょうゆさし

デザイナー川上元美氏のデザイン。薄手で凛としたシャープなフォルムのしょう油差。モダンな食卓の空間に馴染むデザインになっています。気になる後っ引きもしないのが特徴です。(近日発売予定)

技法・成形法:

撥水加工 / 排泥鋳込み

こだわりの茶葉ポット

こだわりのちゃばぽっと

日本茶、紅茶、中国茶など全てのお茶が楽しめるポットです。快適に美味しく入れられるように設計されています。磁器なのでにおい移りが少なく、ひとつのポットで違う種類の茶葉を使うことが可能です。

技法・成形法:

FIORE

フィオーレ

古来より伝わる「呉須」と「錆」と呼ばれる味わいのある絵具を使い、ひとつひとつ職人による手描きで作られています。素材感のある「素磁釉」が「呉須」「錆」と上手く調和しています。

技法・成形法:

SUN

サン

光り輝く太陽の光を表現したプレート「SUN」。線のみで構成された光のデザインは、見る角度によって異なるモアレ模様を生み出します。使い手の気持ちを明るくしてくれる一皿。(近日発売予定)

技法・成形法:

EN

エン

シックな色合いとマットな質感が特徴の「EN」。普段使いしやすい円形で、4サイズ、4色展開。形状は全てフラットなので、カフェ風のワンプレートにもおすすめ。多目的に使えます。

技法・成形法:

NATURE

ナチューレ

白磁に染付の「青」と上絵の「赤」を施す、このコンビネーションを「染錦」といいます。釉薬の下と上に2度に分けて描くことにより絵柄が立体的になります。伝統の技をモダンに仕上げたシリーズです。

技法・成形法:

千彫

せんぼり

日常食器として使えるシンプルな飯碗と丼。縦に彫られた「しのぎ」と横に彫られた「らせん」はシンプルな形状に柔らかな表情を与えてくれます。白磁と青白磁の二色展開。

技法・成形法:

MAMA KIDS

ママキッズ

「子どもたちには、小さいころから本物にふれさせたい」そんなママたちの要望に応えた、子供とお揃いで使えるお茶碗とマグカップのシリーズです。可愛らしい絵柄の中にも、職人の技術が生かされています。

技法・成形法:

旅持ち茶器

たびもちちゃき

旅先でもお気に入りのお茶を美味しく飲みたい…。そんな想いから生まれた携帯用茶器セット。二つの湯呑がすっぽり入る急須は、麻の巾着袋にコンパクトに収納でき、旅のお供に持ち運びが便利です。

技法・成形法:

OVAL

オーバル

普段使いに最適な楕円の器。定番の丸皿よりもカジュアルなので盛り付ける料理の幅が広がります。落ち着いた色調の釉薬で、有田焼らしい品格を兼ね備えた器です。プレート(大中小)と鉢(大小)のサイズ展開。

技法・成形法:

象嵌

ぞうがん

「象嵌」とは針で削り落とした凹の部分に、呉須を埋め込む有田焼の伝統技法のひとつです。筆で描いたものと比べ、線に立体感が生まれ、シャープさの中に温かみがあります。

技法・成形法:

カフェポッタリー

カフェポッタリー

赤い花や黄色い花…。どこか異国の雰囲気を持つ陶器のうつわです。カップ、ポット、カフェワンのシリーズ。レトロ感のあるタッチや質感で描かれた花や模様は、ホッとする時間を与えてくれます。

技法・成形法:

蚊とり器

かとりき

シャープな形状で、温かみのある釉薬がモダンな空間を演出する蚊とり器です。線香の灰が自然と器の中に落ちるように設計されており、お部屋を汚す心配がありません。

技法・成形法: