PROJECT

商品開発プロジェクト事例

豆皿で有田をもっと身近に

KOMON

小紋

豆皿で有田をもっと身近に

「有田をもっと身近に感じてほしい。毎日の生活に気軽に取り入れられる器を作ろう」と企画したKIHARAオリジナルコレクション。当時食器市場で人気を集めていた豆皿に、日本の伝統紋様をモダンにアレンジした「KOMON(コモン)」は、以降、取皿、大皿、箸置きなどバリエーションを増やして展開するKIHARAの定番商品に成長した。

KOMON 豆皿&箸置
KOMON 取皿
KOMON 大皿
KOMON 箸置

要望・課題

  • 染め付けらしい呉須のにじみなど、手書きの味わいを残したい
  • 和柄を取り入れつつもモダンでグラフィカルな図案にしたい
  • 複数まとめ買いしたくなるような商品にしたい

解決策

  • 一般的な転写技法では商品に深みがでないので、手書きの雰囲気を追求できるパット印刷を採用
  • 従来のパット印刷の工程を見直し、染め付けの凹凸をあえて残すことで新しい表現を見いだした
  • ギフト需要を意識し、縁起の良い柄の中から、季節柄5つ、吉祥柄5つのラインナップで展開

PROJECT DATA

商品名

KOMON 小紋

形状

豆皿・取皿・大皿・箸置き

開発内容

絵付け

技法・成形法

クライアント

KIHARAオリジナル

デザイナー

インハウスデザイナー

開発期間

構想3年 実制作2ヶ月(1stコレクションの豆皿)

発表時期

2011年6月

STORY

開発ストーリー / KOMON

パット印刷の特性を生かした
新たな表現

古来より伝わる日本の伝統紋様をモダンにアレンジしたKOMONシリーズは、KIHARAの看板商品に成長した代表作のひとつだ。KIHARAオリジナル商品開発の初期プロジェクトであるKOMONシリーズは、どのようにして進められたのか。担当者に話を聞いた。

(取材・文:ハマノユリコ)

komon_story1

KOMONシリーズが生まれたきっかけを教えてください

いつか、和柄を使ってモダンなシリーズを作ってみたいという構想だけは温めていました。2011年当時、食器市場では豆皿が人気を集めていたので、豆皿で和モダンなデザインを展開し、毎日の生活に気軽に取り入れられる器を作ろうと企画がスタートしました。

豆皿の形からデザインをされたのですか

ベースとなる豆皿は、窯元にあった既存の型を利用しています。その豆皿のサイズやフォルムに合わせ、グラフィカルな絵付けを施すのに適した技法を検討する中で、繊細な表現ができるパット印刷で試してみようということになりました。

komon_story3

パット印刷というのは、絵付技法のひとつですが、
どのようなものづくりに適しているのでしょうか

パット印刷とは、繊細で複雑な絵柄でもスピーディーに器に印刷できる染付の技法です。一般的な転写紙では貼ることができない形状・曲面でも印刷が可能で、印刷時にでる呉須の“にじみ”や“ぼやけ”などにより深みのある雰囲気を出すことができます。量産に向いている技法の一つですね。

KOMONシリーズの柄のモチーフは日本の伝統紋様ですが、
数ある伝統柄の中から、どのようにデザインを決めていったのですか

まず、これまでに温めてきた日本の伝統紋様、家紋や柄をもちより、季節柄と吉祥柄に分類しました。そこからそれぞれの紋様の特徴を抽出してモダンなグラフィックに仕上げていきます。

komon_story2

パット印刷で表現しやすい柄、しにくい柄というのはあるのでしょうか

極端に細い線や、ベタで色(呉須)を乗せる面積が多い柄だと色むらが出やすいため、良い案配をデザインで調整しながら試作をしていきます。熟練の職人さんや、陶磁器用転写紙を専門に作る技術者さんのアドバイス、調整力の高さにはいつも助けられていますね。

通常のパット印刷ではタブーと言われていた製法を取り入れられたとのことですが

そうですね。KIHARAのオリジナル商品開発は実験的要素も強く、試作をしながら見いだした表現にインスピレーションをうけ、制作に生かすこともよくあるんです。一般的なパット印刷の工程では絵柄に凹凸がでないように工夫をするのですが、凹凸があるほうが表情があって面白かったので、そのまま凸凹を残しています。

komon_story4

1stコレクションの豆皿以降、取皿、大皿、箸置などバリエーションが増えていますね

縁起の良い柄を揃えているので、結婚祝いや引き出物などにも多くご利用いただいています。モチーフにした紋様にはそれぞれ意味が込められているので、そういったストーリーにもぜひ親しんでいただけたらと思います。

RECENT PROJECTS

169種類の藍色カップ

CREATION Project 2016

購入する「こと」でつながる復興支援

熊本地震復興支援のため、熊本県産の天草陶石で作った磁器カップに、169人のクリエイターがボランティアで図案を提供した169種類の藍色カップ。リクルートが主催するチャリテ...

[CLIENT]株式会社リクルートホールディングス

Dissimilar 〜対比〜

佐藤可士和 × KIHARA コラボモデル

佐藤可士和さんと取り組んだ Maison & Objet 出展作品

有田焼ブランドの再生と欧州市場の開拓を目指す佐賀県の有田焼創業400年事業の一環として進められた「ARITA 400project」。KIHARAはクリエイティブディレ...

[CLIENT]ARITA 400project

素磁

SOJI

釉薬の表情で魅せる素朴な磁器

KIHARAが初めて形状からすべてオリジナルで開発したコレクション「素磁(SOJI)」は、磁器でありながら、趣のある釉薬使いで素朴な暖かみを感じさせる。最近では日本国内...

[CLIENT]KIHARAオリジナル